糖質制限ダイエット方法について!

 

糖質制限ダイエット方法について!

糖質制限ダイエット方法とは、元々は糖尿病の食事療法として取り入れられたもので、ローカーボダイエット又は低糖質ダイエットとも呼ばれています。ダイエット法である以上は、当然減量や体質改善を目的としたものであり、メタボリックシンドロームや糖尿病の人は元より、おなか周りの気になる健常者、スリムになりたいと思う女性、筋肉が減ってしまった高齢者まで、幅広く取り入れられている方法なのです。炭水化物抜きダイエットと混同されていますが、炭水化物は食物繊維と糖質を含むものですので、どちらも制限することになりますが、糖質制限では食物繊維は制限されませんので、そこが大きく違う点となります。ちなみに糖質は多糖・アルコール・人工甘味料、ブドウ糖や果糖等の単糖、ショ糖や麦芽糖等の二糖等に分類されています。糖質の制限の違いにより、ダイエットの方法は更に細かく分類されています。

 

糖質を制限しますとインスリンの分泌物が抑制され、中性脂肪として体内に溜められにくくなり、また糖エネルギーに変化して中性脂肪を燃やすことにより、エネルギーが作り出されますので、中性脂肪のつきにくさと、分解のしやすさというダブル効果によるダイエットが可能になります。糖質制限ダイエットを制限する量で分類しますと、1食あたり糖質10〜20g以下・1日あたり30〜60g以下にするスーパー糖質制限、1食あたり50〜60g以下・1日あたり70〜100g以下にするスタンダード糖質制限、1食あたり50〜60g以下にするプチ糖質制限の3つとなります。

 

まず専門家の指導で2ヶ月スーパー糖質制限を行ってから、自力でのスタンダードやプチの糖質制限に移行してダイエットを行うという方法もありますが、そこまで本格的でなくてもいいという人は、自力でスタンダードかプチの糖質制限のみを行うという方法でも構わないと思います。

 

ここでいう糖質制限ダイエット方法とは、人間の身体に必要不可欠な糖質・脂質・アミノ酸という三大栄養素の内の、糖質の摂取量に制限を設ける方法をとるものです。勿論最低限の摂取量は必要なのですが、必要以上に摂り過ぎたことによる疾患も懸念されるところから、このダイエット法が考案されたのです。糖質を全く摂らないダイエット法ではありませんので、誤解のないようにお願い致します。糖質を全く摂らないこともまた、健康を大いに損ねるものですからね。

 

糖質制限ダイエット方法は本当に効果あるの?

 

糖質制限ダイエット方法は炭水化物(ご飯・麺類・澱粉質)を中心に、スイーツ等の甘いものや食材に含まれる糖質の摂取を制限したり、料理に加える糖類を少なめにする等、糖質を全体的に極力制限するダイエット方法です。ここでは大きなウエイトを占めている、炭水化物と糖質制限との関係性についてお話しながら、糖質制限ダイエットには本当に効果があるのかどうかについても、お話していきたいと思います。

 

炭水化物は体内で糖に分解されますので、炭水化物を摂取した食後には血糖値があがることになります。それはある程度自然なことなのですが、大量に摂取すれば当然急激に上昇してしまいますので、それを繰り返していれば太りやすくなるのも当然と言えます。人間の内蔵は全て、糖・アミノ酸・脂肪酸の三大栄養素をエネルギー源としており、それぞれ糖は炭水化物の分解物、アミノ酸はタンパク質の分解物、脂肪酸は脂肪の分解物となります。

 

この中で糖のみをエネルギー源としているのが脳であり、全身のカロリーの20%以上を、1日に換算しますと90gの糖を消費しています。脳内に糖を溜めておくことは出来ませんので、常に補給する必要があるのですが、もし補給が数分でもストップすれば脳は機能低下を始め、更にそれが長期化しますと、脳細胞は死滅してしまうと言われています。人間の体内では、もし糖がなくなってもアミノ酸から作り出すことも出来るのですが、それにも限界というものがあります。脳内の物質には、精神安定に効果のあるセロトニンという成分がありますが、糖分がないと脳内に入れない性質となっていますので、不足するとイライラした気分を招いてしまうことになります。

 

ですので糖質制限ダイエットも適正に行えば効果はありますので、してはいけないということはないのですが、糖質をどの程度制限するかということが問題になります。糖質を全く摂らないというのは論外であり、制限するにしても、いきなり大量に減らすことも身体にはよくありませんので、まず夕食時のご飯を少なめにするか、無理でなければ食べないというようにすれば良いと思います。もしご飯を一膳止めるとすれば約240kcalと言われていますので、1ヶ月で1kg体重を減らすことが出来ると言われています。これに加えて運動や、他のカロリー制限などとセットでダイエットを行えば、もっと減らすことも可能ですが、くれぐれも無理のないように行うことが大切です。ダイエットを行う以上は糖質だけでなく、脂肪分やタンパク質の摂り過ぎにも注意した方が良いからです。

 

糖質制限ダイエットするには!手軽に行うならサプリがおすすめ!

 

ここでは糖質制限ダイエットに、何故サプリがおすすめ・有効なのかということについてお話していきたいと思います。糖質制限ダイエットに有効なサプリと言えば、糖質制限・及び脂質制限系のサプリがお勧めです。身体に入ってくるカロリーそのものを抑制する食欲制限サプリもありますが、食事全体を制限するわけではありませんから、糖質制限ダイエットには向いていません。糖質・脂質を制限するサプリには、脂質の吸収を抑える働きのあるサラシアや、脂質・糖質の吸収をブロックし、体外に排出する作用の在るギムネマシルベスタ等の、成分を含むものがあります。

 

これらのサプリを活用すれば、食事で脂質や糖質を多めに摂取したとしても、腸内に吸収される前に体外に排出してくれますので、キツイ食事制限をしなくても、ダイエットを継続していくことが出来ます。そのようなことから、これらのタイプのサプリがダイエットサプリの中では、もっともヒット商品になっていると言われています。仕事等の関係で外食の多い人、ご飯・パン・麺類等の炭水化物やスイーツ等の甘いものが好きで、あまり我慢をしたくない人にはお勧めのサプリです。体内に取り込む栄養素の中では、ダイエットをしたいと考えた時に、最大のネックとなるものの1つが糖質だからです。

 

ご飯・パン・麺類・パスタ類・ジャガイモ(澱粉)等の炭水化物や、ケーキ・菓子パン・クッキー等の甘いものに含まれる糖質は、肉・揚げ物等の高カロリーな食材や料理に含まれる脂質と並んで、制限するのが難しいものです。だからこそ炭水化物を中心に控える糖質制限ダイエットが、高カロリーな食べ物を控える脂質制限ダイエットと並んで、食事制限ダイエットとして存在しているわけです。とは言うものの、いちいちメニューを考えたり手間のかかる調理法をしなければならず、忙しい人には面倒ですし、特に外食の多い人等には難しいと思います。むしろダイエットや健康の維持に留意しなければならないのは、このような人たちですから、糖質制限を容易にするサプリは、是非お勧めしたいものです。

 

これらの糖質制限サプリには、糖質をブロックする成分として、最初にお話したサラシアやギムネマシルベスタの他にも、インゲン豆・リポサンウルトラ・ファビノール等が含まれており、いずれにも糖質の吸収を抑制して体外に排出する働きがあります。他にも糖質をカットしてくれる酵母菌や、脂質ブロック効果のあるカテキンや難消化デキストリン等が含まれているサプリもありますので、是非御自分に合ったサプリを見つけていただきたいと思います。